以前大手製紙会社の御曹司が、単位は全然違いますけど同じことやってましたね~

自分の会社の経費カジノに使い込むw

しかも同じく同族会社

金があり過ぎると、人は腐っていくのかな~

と思いましたが、自分で苦労して作った金と、最初からそこにあった金に違いがあるのかな?

今回は、会社のお金を使いこんだら逮捕・起訴されるのか考えてみました。

学校の校長(正確には学園長)が、私的流用したという事件。

以前有った製紙会社の事件では、用途は完全にカジノだけでしたね。

カジノで負けが膨らんで、ガンガン会社の金を使ってました。

その金額106億円 (*>▽<)o キャー♪ ここまで来るとなんだか現実味がない(笑)

この横領事件の時は、20億とか30億とか勝っている日もあったそうですね。

でも、結局累積の負けを取り戻そうと躍起になって、勝ち分も含めあっという間に擦ってしまって、結局更に損失が増えただけみたいです。

会社の金を使っていたので、何とか返してごまかそうとしたんでしょうけど。

金額が金額だけに返すことはできないでしょう・・・

それに比べると、まぁ今回はかわいいモノかも知れないです (ー_ー)

ただ教育に携わる人間がこれだとね~( ̄Д ̄;;

生徒も保護者も先生方も、もうついていかなくなりますよね。

今回の事件の『不適切な支出』は1,500万円で、カジノ以外にもお金を使ってます。

ミュージカル鑑賞、ディズニーなどなど

単に遊びたかった、と言う感じですね。

大きな金額ではありますが、返せない金額ではなかったので、今回は全額弁済して役職も辞任しました。

『金を返して辞めちゃえば責任取ったでしょ。』

と言う風に見えますけど、実際捕まるのか捕まらないのかと言うと・・・

恐らく起訴されるだろうとの事。

まぁ、そりゃそうでしょうね。

『盗んだもの返したんだからいいでしょ。』

とは、問屋は降ろしてくれませんよね。

これだけの金額を使い込んだら、絶対バレると思うんですけど。

それでも使っちゃう勇気は尊敬します。

僕にそれだけの度胸はありません (*>▽<)o キャー♪ 何事も『身の丈に合った行動を』という事ですね。