正直衝撃なニュースでしたね。

『オンラインカジノはやっぱり黒だった』と、ここぞとばかりに声高に叫んでいる人もいますしね(笑)

今回京都府警によって、オンラインカジノプレーヤー3名が逮捕された件について、事件の概要と個人的に思う事をまとめてみました。

https://gyazo.com/7357aa6c2d6a5087e235aa62cd1e0432

(京都新聞 3月10日(木)22時0分配信記事)

オンラインカジノで逮捕された事件の概要

記事の通りですが、逮捕者3名は日本国内から、海外オンラインカジノ業者のサイトにて現金を賭けた疑いで逮捕されています。

会社経営者も含まれているからか、5,000万使った、というのはすごいですね( ̄△ ̄;)エッ・・!

10%だけでも分けてほしいです(笑)

他のニュース記事も読み漁ってみましたが、利用していた『スマートライブカジノ』は一応、イギリスに本拠を置く起業のサービスで、現地のギャンブル委員会のライセンスは取得していたようです。

2014年にサービス開始という若手の部類に入るオンラインカジノですが、日本人向けのライブカジノもある、問題の無いオンラインカジノのように思えます。

今回何故逮捕にまで踏み切れたのかというと、クレジットカードの利用履歴などを追ったようですね。

今回衝撃だったのは、単純賭博罪の適用がオンラインカジノであったこと。

今までオンラインカジノ関連での逮捕実績は、日本国内でハウス型の業者が仲介する形で客にやらせていたなどです。

使っていたカジノはオンラインカジノでも、日本国内で開帳したらそりゃ確実にアウトです。

通常私たちの認識としては、賭博したものとさせたもの(胴元)両方抑えないと逮捕出来ない、という考えでした。

何故かというと、巨人の野球賭博問題と同じで、国内で賭博をやったという起訴できる証拠をつかむためには、胴元・開帳側も抑える必要があると考えていたからです。

前回の記事でも書きましたが、あれだけニュースになっている、巨人の約賭博では、現時点で逮捕者が出ていません。

理由は上記のとおり、胴元を抑えられないため、起訴できる確実な証拠がつかめないからというもの(らしい)からです。

しかし今回はクレジットカードの履歴などから、胴元であるオンラインカジノが海外に合っても、日本国内で賭博を行ったという証拠を押さえたものと思われます。

今回の逮捕で思う事

京都府警はこわい・・・

まず最初に思った事です(笑)

話が飛びますが、今議論されている『民泊』も、京都府警が全国に先駆けて摘発しましたよね。

今回のオンラインカジノも初の摘発。

実際に起訴されるのか、起訴されても裁判の行方は分かりませんけど、他の警察の足並みを考えず突っ込むところはホントに怖いですね(笑)

何度も記事にしてきましたが、警察とパチンコ業界は利害関係で繋がってますよね(言い切っちゃいましたけど)。

どう考えてもギャンブルだし、公共ギャンブルでもない。

なのに実質放置されてますし、天下り先としても関係団体が沢山あります。

そのことを考えると、オンラインカジノは天敵と言えます。

この事からすると、オンラインカジノに対する締め付けは厳しくなる可能性が無くはないです。

でも、逆にパチンコ業界の違法性を見過ごしてきているだけに、派手に取り締まりをやると逆に『なんでパチンコは賭博にならないんだ』と突っ込まれる可能性もあります。

どっちに行くんでしょう・・・・

ただ、オンラインカジノの経営側からすると、日本市場進出に関して十分な吟味をしたうえで来ています。

特に、ベラジョカジノなどはロンドン市場に上場もしていますから、投資家(株主)に対して責任があります。

日本で顧客が逮捕されたなどとなったら、かなり大変なことになります。

『違法となる地域に対して進出したのか』という事になり、株価が下がってしまえばえらいことになりますからね。

だから十分な議論・調査したうえでの進出なので、実際これからどうなるのか見守っていきたいと思います。

あと、最後にもう一つ思ったことは、国内クレジットカードだからダメなのかな、と。

ネッテラーでの決済を使っていれば、入出金記録は引っ張れないですよねー。

オンラインカジノを始めるときはココをチェック!


オンラインカジノへの入金はクレジットカードが主流になってきてやりやすくなりましたが、出金には使えません。出金には資金管理もしやすい電子決済サービスがおすすめで、ecoPayz(エコペイズ)は全てのオンラインカジノで使えるので便利です。はじめる前に口座を作成しておきましょう。

『ブラックジャックの役くらいならなんとなくわかるけど。。。』『バカラって聞いたことあるけどルールは知らない』など、いざやってみようかなと思っても、ルールがわからないゲームもありますよね。ここではオンラインカジノのゲームの遊び方・ルールについて解説しています。

初心者でも遊びやすいおすすめ優良オンラインカジノ!

  1. Vera&john Casino(ベラジョンカジノ)
    Vera&john Casino(ベラジョンカジノ)は、日本人から圧倒的に支持されているオンラインカジノです。創業から10年以上経ち信頼性も抜群。日本人スタッフによるサポートもあり、初めてオンラインカジノでプレイするなら、まずここからと言ってもいいかもしれません。当サイトからの登録プレイヤーもダントツ1番人気です。
  2. Inter Casino(インターカジノ)
    Inter Casino(インターカジノ)はオンラインカジノの創世記、1996年創業の歴史あるオンラインカジノで、翌年にはすでに日本に上陸しています。20年以上の運営実績があり、安心、安定のサービスです。運営会社はベラジョンカジノと同じ企業で、ゲームの種類やプロモーションも、常に新しいものを提供してくれています。
  3. Mystino(ミスティーノ)
    Mystino(ミスティーノ)は初心者に優しく使いやすいオンラインカジノです。複雑なルールや厳しい決まりがないので、ゲーム本来の楽しさを気軽に味わえます。入出金の手数料も無料で、厳しい条件もないので空いた時間にちょっと遊びたいという方にはおすすめのオンラインカジノです。
  4. EMPIRE Casino(エンパイアカジノ)
    ライブカジノならEMPIRE Casino(エンパイアカジノ)と言っても過言ではありません。これまでオンラインカジノで遊んできたけれど、ライブディーラーに「何か」物足りなさを感じていても、EMPIRE Casino(エンパイアカジノ)なら「ディーラーと1対1で勝負する」という、テーブルゲームの醍醐味と熱狂を体験でき、実際にカジノへ遊びに行っているような興奮を味わうことが出来ます。
  5. Cherry Casino(チェリーカジノ)
    1963年創業の超老舗カジノ。日本語のチャットサポートも365日という手厚く、初心者の方でも安心してプレイすることが出来ます。情報発信にも力を入れていて、公式YouTubeチャンネルでゲームの解説なども行っているので、オンラインカジノが初めてでどんなゲームから始めようと悩んでいる方も、参考にすることが出来ます。

スポーツベッティングと言えばこれ!

William Hill Sports(ウィリアムヒル・スポーツ)
スポーツベッティングと言えばココ、ウィリアムヒル!ロンドン市場に上場、15,000人以上の従業員数と英国内に2370店舗ものブックメーカー店を誇る世界トップクラスのブックメーカー!抜群の信頼性を持つ世界的な規模の大手ゲーミング企業!オリンピックやワールドカップなどは要注目!!

雀鬼よ集まれ!本物の麻雀対決がここにある!

DORA麻雀
麻雀好きは必見!リアルマネーで麻雀対決!胴元があるカジノとは異なり、プレイヤー同士で争う麻雀の最大の特徴!『勝てるプレイヤーはずっと勝つ』ことが可能腕に自信があるなら、大金を手にする可能性も!?もちろん初心者も歓迎!100円くらいからでもOK!