マネーシステムの中でも単純で、最も古くからおこなわれてきたシステムベットです♪
名前は知らなくても、聞けば『あ~、あの賭け方ね。』と、
知っている人も多いと思います。

このベッティングシステムを採用するかどうかは別として、
まず基本的な投資法として覚えておいて損はないでしょう。

早速マーチンゲール法のかけ方・投資法を説明していきますね^^

システムベットのマーチンゲール法とは?

初めにも言いましたが、投資に関する基本の賭け方なので、
場合によってはFXとか金融投資にも使おうと思えば使える方法ですね。
(金融投資には正直おすすめしませんが・・・)

マーチンゲール法の賭け方

単純に言えば、負けた次のBETは倍額をかけ続ける投資法です ( ̄△ ̄;)ナント・・?

例えば、白か黒か、表化裏か、High or Lowなど、
確率50%のゲームには有効な投資法です。

イメージを付けてもらうために表にしてみましたので、
見てみてください!

1回目 2回目 3回目 4回目 5回目
1回の掛け金 1 2 4 8 16
掛け金の累計 1 3 7 15 31
連敗の確立 1/2
(50%)
1/4
(25%)
1/8
(12.5%)
1/16
(6.25%)
1/32
(3.125%)
6回目 7回目 8回目 9回目 10回目
1回の掛け金 32 64 128 256 512
掛け金の累計 63 127 255 511 1023
連敗の確立 1/64
(1.563%)
1/128
(0.781%)
1/256
(0.391%)
1/512
(0.195%)
1/1024
(0.977%)

見方わかりますか・・・?

まず賭け方は、初め幾らからでも何枚からでも構いません
仮にその数字を1として表を見て言ってください^^

勝てば同じ数だけ賭けていきます。
負けた場合に、表のとおりに倍々のベットを行ってください (* ̄ρ ̄)”ほほぅ…

例えば4回連続負けていて、5回目も負ける確率は3.125%、
その時のベット額は初めのBetの16倍を行っていて、
累積の掛け金(損失)が初めのBetの31倍という事になります。
4連敗してたけど、やっと5回目で勝った場合の利益は1・・・( ̄△ ̄;)エッ・・?

わかります・・・?

マーチンゲール法のメリットとデメリット

この賭け方は、最終的には絶対負けません
それがメリットです。
勝つまで売買で投資していくので、最終的には絶対に勝てます

で、その勝った時の利益は、最初にBetした金額と同額です。
初めにBetした金額が1$なら、賭けた金額に関わらず利益は1$だけです。

まずデメリットの一つ目がこれで、倍々で賭けていくと、
連敗し続けたとき、巨額の投資金が必要になることと、
それにもかかわらずリターンが少ない事・・・

絶対に負けることのない理屈ではありますけど、
投資としてはどうかな?という感じですね。

実際私も経験していますが、10連敗もあり得ます (*>▽<)o キャー! 現実問題起こり得ることです・・・ 頭が真っ白になりましたよ。 もうそれ以上賭けられなくなり、その時は一時撤退を余儀なくされました^^;

しかも、テーブルリミットと言って、掛け金の上限が設定されている場合もあり、
1,000$も賭けられないこともあるんです。
そうなったら負け分を取り戻すことはかなり難しくなるので、
テーブルリミットを確認しておく必要も出てきます。

もし、この賭け方でやる場合は、何回負けたら一旦リセットするなど、
あなたの中でルールを決めておかないと大きな損失を出す可能性もある
という事を覚えておいてくださいね^^