これまた韓国のカジノ事情について、お伝えしたいと思います^^
先日もご紹介しましたが、韓国ではカジノが解禁されているんですけど、
まだ韓国国民に対しては規制がかかった状態 ( ̄∧ ̄)ウンウン・・

国内で自国民が入場出来るカジノは、いまだに1か所のみとなっているのが現状。
そこへ、観光クルーズ船での解禁が注目されてきているゾ!

ニュース_150622-1

話としては、海洋・水産政策を管轄する韓国『海洋水産部』側が、
『外国籍のクルーズ船のカジノだけに韓国の自国民の出入りが認められていて、
韓国籍のクルーズ船に出入りできないのはもったいない』
と主張していることから始まっている。

ふむふむ、なるほどね。

で、反対意見としては、
カジノ設置の許可を行う側の『文化体育観光部』が、
『賭博文化が拡散される』
『ギャンブル依存症など賭博の心理的影響が懸念される』
と主張しているらしい。

ふむふむ、なるほどね。

推進意見の『海洋水産部』は、
外国籍の船にだけカジノを認めていると、
国内の資本が外国へ流出しかねないとも言っているらしい。

・・・・・・

多分ね、国内で唯一自国民にも入場を許可している、
『江原ランドカジノ』が問題なんだろうけどね~

この問題は別で紹介しようと思ってるんですけど、
まあ、『ギャンブル依存症』の方がいて、
『一定期間に何回いったらカウンセリング受けて』
的な規制も設けているくらいなんですよ。

だからクルーズ船も解禁しちゃったら、もっと大変なことになっちゃうよ、
的な反対意見なんだと思うんですけど、
それはどうかな~って感じですね ( ̄∧ ̄)ウンウン

韓国の観光客がクルーズ船に乗るからって、
ギャンブル目的じゃないでしょ?
それにクルーズ船に乗る人なら、それなりにお金持ってる人でしょう?

そういう人がカジノに行くのは、
ゆとり銭で遊ぶだけだと思うんだけどね~

もちろん日本でも、どこぞの大手製紙会社の御曹司が、
ラスベガスのカジノにお金使いすぎてヤバいことになったけど、
あれは特別おバカだっただけだと思うんですよね。

外国に資本をもっていかれる
という意見の方が妥当性があると、個人的には思うのです^^