最近のカジノ関連ニュースマカオがにぎやかです。
ネタ的には、ココでも何度か紹介しましたが、
マカオのカジノが超低迷しているという事なんですけど ( ̄◇ ̄;)マジ

やっぱりか~、と言うニュースが出てきたゾ!

ニュース_150624-1jpg

という事で、今日もマカオ経済ヤバシ!のお話です。

マカオの経済はカジノ・中国に偏り過ぎ

何度もお話していることなんですけど、
マカオの税収の8割がカジノに頼っているんですよね。

これだけでも危険な事だな~と、感じます。
カジノが傾いたら、経済が傾くという事。

逆にその収入の大半を占めているカジノが好調なら、
経済も税収もこの上ない状況になるんですが、
傾いたら・・・?

今、マカオのカジノは12か月連続で売り上げ減
過去5年で最低水準になる見込みとの事。

主にお金を落としていくのは言うまでもなく中国人
記事では特に富裕層がドル箱になっていたというから、
これは大変なことになりそうな予感。

まっとうな富裕層ももちろんいるでしょうけど、
中国は腐敗の国だった(今でも一部まだまだそうだと思いますけど)。

だからようやく最近になって、反腐敗闘争と題し、
躍起になって潰しにかかっていることは、
一般のニュースでも聞こえてきてますよね?

不正をすればそりゃお金が入ってくる。
そういう人たちがあぶく銭をカジノに落していたんでしょうね~

この中国の反腐敗闘争のおかげで、
マカオのカジノのVIPコーナーは閑古鳥 (*>▽<)o キャー♪ 大打撃を受けて、人員削減や閉鎖が相次いでいると伝えてますよね。

先日の韓国カジノ関係者が中国で逮捕された件もですが、
中国人観光客に頼っていたカジノは、今正念場でしょうね。