面白い記事見つけました^^
日本人が、ラスベガスで開催されたポーカーの世界大会で優勝し、賞金約4,913万円を獲得したとの事。
日本人では2人目の快挙!


(引用:Yahooニュース・週刊SPA!の記事)

世界中からの参加者は2,497人
日本人の中井孝浩さんがその頂点に立ちました。すごい。

参加するには一人1、000ドルで誰でもいいらしいけど、今のレートだと12万でしょ。
とても参加する気になれない ( ̄Д ̄;;

参加者は3日間競技を行い、一人ずつ減っていくとの事で、今回は270位までに入れば賞金が貰えたらしい。
1,820ドル。
僕にはこの投資出来ん・・・

どんどん脱落していき、最後のテーブルに残った人数は9人。
賞金が順位ごとに振り分けられていくのだけど、

1位 39万9039ドル
2位 24万8034ドル
3位 17万5559ドル
4位 12万6612ドル
5位 9万2453ドル
6位 6万8317ドル
7位 5万1103ドル
8位 3万8676ドル
9位 2万9619ドル

ひとり脱落するまで待っているだけで、100万UP・・・(*>▽<)o キャー♪ 何にもしないで、誰かが落ちていくのを待っていても良いのに、それでも戦い続け優勝。 中井さん、かっこよすぎ。 結局、勝った要因は読みとハートの強さと言っていますが、読みは大事なんですね~ と、これが言いたかったわけではなく、なにが『面白い記事を見つけた』なのかと言うと、記事の最後。
中井さんはオンラインポーカーでの勝ち組らしいとの事で、普段からオンラインカジノやっているみたいですね。
相当稼いでいるんでしょうね(笑)
(記事ではそうは言っていませんけど)

ポーカーは、トランプゲームとしては何となくやったことがある人はいると思います。
とはいえ、まだまだマイナーだったポーカーの『競技人口』は日本でも増えているようで、人口は毎年増えているそうです。

こう紹介され、カジノの無い日本人でも、オンライン上で世界の強豪と十分に戦い実績を上げていると締めくくっています。
が、その後。

『ポーカーを始めるならオンラインがおすすめ』
と、オンラインポーカーへの登録を案内しています。

SPAですよ!?
あの有名な。
タブロイドだけど(笑)

そこがオンラインカジノ(ポーカー)を勧めているんです(笑)

ちょっと前にも何かのニュースで、
『オンラインカジノなら、日本でやっても法律に引っかからないと誘導する輩がいる。
グレーゾーン論を広げているが、オンラインカジノは立派な刑法犯である。』
と言っている人がいました。

確かにそういう見方もあると思いますけど、見解が出されていないし、実際取り締まりをされた人がいないんだから、現状『グレーゾーン』なのは確かでしょうね。
と、個人的には思います。
だからやるやらないは個人の自由なわけで、現状ある情報を一方的ではなくて、正確に伝えているのであれば全然問題ないんだと思うんですよね。

その上で、遊ぶ人は遊べばいいし、法律に触れると思ったら海外に行ってハウスカジノをやればいいだけなのだと。

話は若干それますけど、以前金融に勤めていた時にも『グレーゾーン』ってありました。
金利に対する法律ですね。
以前、金利に関して『利息制限法』と言う法律と、『出資法』と言う法律二つの法律で金利に関する規定があったんです。

利息の上限が一方では29.8%と高く、これ以上は明らかに違法。完全黒です。
もう一方では、元金によって金利は違いますが、年15%から最大でも20%とい規定がありました。
この、15%とか20%という規定を越えて、29.8%という規定の中の金利は良いのか悪いのか?
これが利息に関する『グレーゾーン』でした。

この話、あれ?って思いました。
一時期スゴイニュースで連日目にしていたことですよね。

大手の場合は安全を考慮し低い金利の規制の中で営業していましたが、中堅中小の金融業者はこの『グレーゾーン』の中で営業をしていたところが多かったんですよね。
特に消費者金融系の武○士とかアイ○ル、プロ○ス、ア○ムとか。アトムじゃないですよ(笑)

で、後から法律が変わって、このグレーゾーンで借りていた人たちが、払い過ぎの金利返せという話になり、次々に債務超過に陥って、大手銀行に買収されていきましたよね。

という事で、このカジノ、賭博に関する法律も、今はまだ明確に出ていないので『グレーゾーン』で間違ってはいないんだと個人的には思います。
が、今後ギャンブル依存症の問題があったりするので、法改正・整備されていく中で、『完全に黒よ♪』ってなるかもしれませんけどね。

先々はわからないんですけど、現状でも色々言われている国内で行うオンラインカジノに関して、タブロイド紙と言えど大手出版社が勧めちゃっているって、安心なような、笑えるような。
あなたはどう感じますか?

まぁ、何はともあれ、日本人でもオンラインでカジノをやって勝ち組になっている人もいるという事は励みになりますね (^^)v

オンラインカジノを始めるときはココをチェック!


オンラインカジノへの入金はクレジットカードが主流になってきてやりやすくなりましたが、出金には使えません。出金には資金管理もしやすい電子決済サービスがおすすめで、ecoPayz(エコペイズ)は全てのオンラインカジノで使えるので便利です。はじめる前に口座を作成しておきましょう。

『ブラックジャックの役くらいならなんとなくわかるけど。。。』『バカラって聞いたことあるけどルールは知らない』など、いざやってみようかなと思っても、ルールがわからないゲームもありますよね。ここではオンラインカジノのゲームの遊び方・ルールについて解説しています。

初心者でも遊びやすいおすすめ優良オンラインカジノ!

  1. Vera&john Casino(ベラジョンカジノ)
    Vera&john Casino(ベラジョンカジノ)は、日本人から圧倒的に支持されているオンラインカジノです。創業から10年以上経ち信頼性も抜群。日本人スタッフによるサポートもあり、初めてオンラインカジノでプレイするなら、まずここからと言ってもいいかもしれません。当サイトからの登録プレイヤーもダントツ1番人気です。
  2. Inter Casino(インターカジノ)
    Inter Casino(インターカジノ)はオンラインカジノの創世記、1996年創業の歴史あるオンラインカジノで、翌年にはすでに日本に上陸しています。20年以上の運営実績があり、安心、安定のサービスです。運営会社はベラジョンカジノと同じ企業で、ゲームの種類やプロモーションも、常に新しいものを提供してくれています。
  3. Mystino(ミスティーノ)
    Mystino(ミスティーノ)は初心者に優しく使いやすいオンラインカジノです。複雑なルールや厳しい決まりがないので、ゲーム本来の楽しさを気軽に味わえます。入出金の手数料も無料で、厳しい条件もないので空いた時間にちょっと遊びたいという方にはおすすめのオンラインカジノです。
  4. EMPIRE Casino(エンパイアカジノ)
    ライブカジノならEMPIRE Casino(エンパイアカジノ)と言っても過言ではありません。これまでオンラインカジノで遊んできたけれど、ライブディーラーに「何か」物足りなさを感じていても、EMPIRE Casino(エンパイアカジノ)なら「ディーラーと1対1で勝負する」という、テーブルゲームの醍醐味と熱狂を体験でき、実際にカジノへ遊びに行っているような興奮を味わうことが出来ます。
  5. Cherry Casino(チェリーカジノ)
    1963年創業の超老舗カジノ。日本語のチャットサポートも365日という手厚く、初心者の方でも安心してプレイすることが出来ます。情報発信にも力を入れていて、公式YouTubeチャンネルでゲームの解説なども行っているので、オンラインカジノが初めてでどんなゲームから始めようと悩んでいる方も、参考にすることが出来ます。

スポーツベッティングと言えばこれ!

William Hill Sports(ウィリアムヒル・スポーツ)
スポーツベッティングと言えばココ、ウィリアムヒル!ロンドン市場に上場、15,000人以上の従業員数と英国内に2370店舗ものブックメーカー店を誇る世界トップクラスのブックメーカー!抜群の信頼性を持つ世界的な規模の大手ゲーミング企業!オリンピックやワールドカップなどは要注目!!

雀鬼よ集まれ!本物の麻雀対決がここにある!

DORA麻雀
麻雀好きは必見!リアルマネーで麻雀対決!胴元があるカジノとは異なり、プレイヤー同士で争う麻雀の最大の特徴!『勝てるプレイヤーはずっと勝つ』ことが可能腕に自信があるなら、大金を手にする可能性も!?もちろん初心者も歓迎!100円くらいからでもOK!