中国は経済が失速していると言われてきていますけど、今後どうなんでしょうね?
少なくとも昨年は爆裂にすごかったんで、このままもう少し継続してくれたら、日本だけではなくて世界的にも景気が安定して良いんですけどね~

カジノの話でいうと、中国人が手軽に行けるマカオは昨今大きな発展をしてきましたね。
ここ1年ちょっとは超低迷に苦しんでますけど。

マカオは完全に中国人観光客に頼っていたので、ちょっと大変なことになっていますが、偏りなく中国人観光客をグッと集客できれば売上に対するインパクトは大きいでしょう。

と言うのも、こんな記事を見つけました。

ラスベガスのカジノでは、すでに中国人観光客の囲い込みが行われているようです。

日本の観光はというと、ご存じのとおり円安の影響などもあって活性化してきていますね。
日本政府観光局の資料によると、2014年の外国人観光客は1,300万人
うち中国人は、国・地域別で3位の240万人、18%でした。

2015年は、上期の訪日外国人は既に914万人に達して、
もしかすると2,000万人を超えるかもしれませんね ( ̄◇ ̄;)マジ

こんな記事も見つけましたが、

cfdbc50dfeccf7f358109ef7eb2b4d6f
(参照:BigLife21 http://biglife21.com/society/7326/)

観光局の数字とちょっとずれた数字が載っていますが、とにかく中国人観光客だけで、1,000万人を超える日も来るかもしれません。

ちなみに、中国人観光客は2015年の上期は既に台湾・韓国を抜かして、217万人以上訪日しているので、通期で400万~450万人位にはなるでしょう (|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!

アメリカと比べると、中国人観光客の割合は多く、いずれ50%を超えるかもしれません。
でも、マカオや韓国などと比べるとそこまで高くないですよね?

あまり一つの地域や国からの観光客の割合が増えるのは、バランス的に良くないと思いますけど、資金力のある中国人観光客を、うまく誘致できれば、カジノだけではなく、日本の観光・経済にとってはプラスになるはず。

ラスベガスはカジノを中国人向けに作っていっていますが、日本は観光を中国人向けに変えていって、カジノのカードを切ってしまえばいいのに、と思います。

さっさと日本にもカジノを作っちゃえばいいのにな~、とまた焦る今日この頃でした^^