オリンピックにカジノが間に合わないかも知れませんね ヽ(`⌒´メ)ノ
経済効果が非常に高く、外国人観光客が日本でお金を使ってくれる手段としては、相当期待していたんですが・・・

非常に残念です(>_<)

安保法案と比べたら、カジノ法案は確かに負けちゃうかもしれませんね。
公明党はご存じ創価学会が支持母体なんで、あそこが『ダメっ!』ていうと公明党も賛成しにくいですから。

安保法案に創価学会が反対しているので、これ以上公明党が自民に寄って行くのは無理なんでしょう。

それにしても、課題があるならそれをどうするかを考えて潰していけばいいのに、遅々として進まないし・・・

それにギャンブル依存症に関しては、カジノ法案云々と言うより、そもそも現実問題で存在しているんだから、全く別に考えればいいのにな~、とホントに思います。

ギャンブル依存症にさせているのは、競馬競輪なんかの公共賭博と、権力(取り締まるはずの警察)と癒着のうわさが絶えないパチンコ・パチスロ業界じゃん。
と思いません?

カジノが国内に数か所できたくらいで今更ひどくなることはないでしょう。
それに、これも何度も言ってきましたけど、整備が遅れているというなら、初めは外国人だけに解禁すればいいことだと思うんですけど。

何かもっといい方向に進めたいなら、現状から何かを変えないといけないの。
変化を怖がってしまったら、何も変わらないの。
現状維持だけだと、組織(国も含めてね)は衰退していくの。

既存の利権だけであ~だ、こ~だと言わないで欲しいと、切に思います。

東京でオリンピックなんて、次いつになるかわからないのに、このチャンスをミスミス逃すのがもったいない。
何とか間に合うように次の国会で頑張ってほしいと、個人的には思います。

という事で、もうしばらくカジノで遊ぶならオンラインカジノしかないって事なのね (゜レ゜)